ダイビングの魅力 〜何が楽しいの?〜

ダイビング、たまに周りでやってる人を見かけるんだけど、一体何が楽しいんだろう・・・?

溺れるたりするの怖いとかって思ったりしないのかな・・・?

サメに襲われたらどうしようとか思ったりしないのかな・・・?

たまにメチャクチャはまってる人も見かけるけど、ダイビングの何がそんなに魅力的なんだろう・・・・?

 

こんな風に思われた方、いらっしゃいませんでしょうか?

僕も実際にダイビングを始めるまでは、当然前述のような懸念も持ってたし、ダイビングの魅力も分からないままに始めた身ではあるのですが、あれよあれよと言う間に110回ほど潜っておりました。

その潜ってきた中で感じる、ダイビングというマリンスポーツの魅力についてご紹介できればと思います。

「スリル・スピード感があるスポーツ」ではない。

まずはじめに言うべきことは、
ダイビングはスリルだのスピード感とか、勝負などを競うスポーツではないと言うことです。

順番で写真撮影中の図。

スポーツというと、レースの様なスピード感とか、スカイダイビングの様なスリル感とか、サッカーや野球の様な1点を争う勝負とか、そういう感覚をイメージしがちですが、ダイビングにはそういった要素は一切ありません

同じ「泳ぎ」でも水泳などとは全く異なるわけです。

ダイビングはそもそも、鑑賞するためのマリンスポーツです。複数人みんなでゆっくり海中に潜り、海中で呼吸しながら進んでいき、ところどころのポイントにいるカラフルな魚や地形を楽しむ。それがダイビングです。

 

辺り一面、360度に広がる「非日常」感

じゃ何がダイビングの醍醐味なのか?
それは「非日常」感だと僕は思っています。

確かにスリルやスピード感はありませんが、ダイビングでは普通に生活してるのでは感じることができない「非日常感」があります。

青、青、青の世界。

何せ、当然ですが、いつも僕たち人間が生活してる場所とは環境がまるで違います。

呼吸ができない青い水中が延々と広がる海。

360度、青、青、青!

知らない世界に迷い込んだようなその感覚。それだけでワクワクするものがあります。
海で呼吸ができる、多種多様な生き物がそこら中で泳ぎ回ってる世界。

陸上では感じられない真っ青な「非日常」をそこで体験することができます。

 

壮大な世界の中での「空飛んでる」感と冒険感

場所によっては水深30mという、通常の建物よりも高い場所の海面近くで泳いだり、雄大な地形を探検したりすることも出来ます。

周りが青いことも手伝って、まるで空を飛んでいるような感覚に陥ります。透明度高い海だと尚更です。

 

また自然の力で作られた地形も存分に楽しませてくれます。

ムーミンのような洞窟の出口があったり

迫力あるアーチの描かれた地形があったりと、様々な地形を楽しめますよ。

また洞窟などの地形に限らず、沈没船の探検を楽しむという方法もあったりと、色んな楽しみ方がダイビングにはあります。

 

探検を楽しませてくれる多種多様な生き物たち

ダイビングの最中は、様々な生き物が探検を楽しませてくれます。

ファインディング・ニモで有名なクマノミ

瓶の中にこっそり住んでるハゼの仲間だったり

小指ほどの大きさしかないダンゴウオ

更にはカラフルなウミウシの数々。

すっごいたくさん!!

こうした、小さくてカラフルな生き物から

大きくて雄大な生き物

迫力のある魚群まで本当にさまざまです!

 

みんなで一緒に楽しむ!

一番はじめに書いた「勝負を競うスポーツではない」ということは、裏を返せば「みんなで一緒に楽しむスポーツであること」を意味しています。

皆でポイントに向かってます

ダイビングは基本的にバディ制で、インストラクターがついて2人以上で潜ります。

何かが起こった時に周りに助けてくれる人がいる、という安全面な理由もありますが、ゆっくり魚や地形を見ることができる分、陸に上がった後の良い話(酒?)の肴にもなります^^

非日常な体験をし、一緒に潜った人とその後話が盛り上がって仲良くなる。これもまた、ダイビングの醍醐味です。

 

怖くないの?ダイビング

では、ダイビングの魅力うんぬんの前に、溺れたりサメに襲われたりするの怖くないの?ということについてです。

 

溺れたりするの、怖くないの?

勿論、ダイビング自体のリスクがゼロとは言いませんが、事前の準備をしっかりやることと、ダイビング中やダイビング後に危ない行動を取らない限り、めったなことで事故につながるようなことはありません。

 

事前の準備とはつまり、

  • ダイビングをするためには十分な健康状態を保っていること
  • 事前に天候をチェックしておくこと(特に台風には要注意!)

 

ダイビング中は、

  • むやみに生き物を追いかける
  • インストラクター・ガイド、またはバディの目に届かない場所に行ってしまう

などの勝手な行動を取らないこと。]

 

ダイビング後は減圧症予防が大事で、特に何も考えず飛行機に乗ったりしないようにすること。

これらの要点に注意していけば、安全にダイビングを楽しむことは可能です。

ダイビング直後は飛行機に乗るな、のナゼ。減圧症のリスクを防ぐために

2017年11月9日

安全なダイビングのための健康チェック 〜病院の診断書が必要な時っていつ?〜

2017年11月6日

台風の時はダイビングに行くな 〜到達前後も要注意です〜

2017年10月22日

 

サメとか、怖くないの?

恐怖な生き物対象で必ずサメが挙がってくるのは、個人的には「ジョーズ」のせいだと勝手に思っています。

もちろんダイビング中に近づいちゃいけない危ない生き物とかはいます。毒持ってる魚とか。ただ、少なくとも言えるのはサメは避ける対象ではありません。むしろ、観に行く対象です。

 

というのも、サメ自体は凶暴な生き物ではないので、こちらから何かしない限り攻撃することは無いです。

何せ、こんなに近づいて映像を撮っても平然としてます。

 

更に、言えば。

こんなにわらわらいても平気です。

 

こんなに

 

近づいても

 

平気です!!!!

かわいいんですよ、実際。

 

まとめ

以上、僕が思うダイビングの魅力になります。
皆さんの参考になりましたでしょうか。

こっちの記事でも、ダイビングを楽しめるポイントについて書いてみてるので、良かったら是非読んでみてください。

ダイビングの魅力

泳げない!それでもダイビングは出来るの?楽しめるの?

2018年8月6日

冬でもダイビング出来ますよ!ただし注意事項が2つあります。

2018年2月19日

ダイビングで「空飛んでる!」と思った4つの瞬間

2017年12月13日

ダイビングの楽しみ方 〜ボート?体験?ファンダイビング?楽しみ方色々あります〜

2017年10月19日

ダイビングログ

沖縄

石垣島

石垣島でダイビング② 〜マンタがやってきた!〜

2017年10月30日

石垣島でダイビング① 〜ニモ君、ウツボ君、カラフルな世界〜

2017年10月28日

粟国島

粟国島でダイビング③ 〜ギンガメアジの魚群とご対面〜

2017年10月9日

粟国島でダイビング② 〜激流の中、魚と戯れる〜

2017年10月6日

粟国島でダイビング① 〜粟国島の海はこんなとこ〜

2017年10月3日

宮古島

宮古島でダイビング② 〜アントニオ・ガウディ、サンゴホール、魔王の宮殿〜

2017年11月20日

宮古島でダイビング① 〜中の島ホール、中の島チャネル〜

2017年11月17日

久米島

【マンタを探して】久米島でダイビングしてきました【綺麗な海でした】

2019年1月16日

座間味島

【ケラマブルー】座間味島でダイビングしてきました【ウミガメだらけ】

2019年2月28日

本島(糸満)

【寒い沖縄は初めて】沖縄最南端のダイビングスポットで潜ってきました

2018年10月22日

沖縄以外

奄美大島

【ミステリーサークル】奄美大島でダイビングしてきました(2019年3月21, 22日)

2019年3月30日

神奈川県三浦(宮川湾)

三浦でダイビング納めしてきました。(もう新年明けましたが)

2018年1月1日

神奈川県葉山町

【1月ログ】冬の葉山でダイビングしてきました【ウミウシがたくさん】

2019年3月11日

【冬の葉山の海はきれいです】葉山でダイビングしてきました

2018年2月28日

千葉県館山市(伊戸)

【シャークスクランブル!】千葉県館山市でダイビングしてきました

2018年4月23日

静岡県熱海市(初島)

【熱海から見えるリゾートアイランドへ】初島に海外ダイバーさん達と潜ってきました(8月3,4日)

2019年8月26日

・ダイビング本数100回達成記念!

【ダイビング100本達成記念④】大瀬崎で100本達成!まだまだ潜ろうって思いました!

2019年7月29日

【ダイビング100本達成記念③】熱海でダイビング!残念ながら見事な春濁りでした(笑)

2019年6月23日

【ダイビング100本達成記念②】葉山でダイビング。新たに手に入れたBCDのチェック。

2019年5月20日

【ダイビング100本達成記念①】旅行キャンセル!からの、ダイビングショップ緊急検索&予約!

2019年5月11日

ではでは!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。