※第2弾開催してます※【さきもぐ】新型コロナウィルスの危機を乗り越えるために。ダイビング値引き券を”前売り”する計画進行中です

※本日5月11日より、第2弾のダイビング値引き券販売を開始しました!緊急事態宣言が敷かれてる5/31まで販売予定です。前回買いそびれた!という方、是非ご購入ください!!※

 

こんにちは!ダイバーラウンジです。

 

新型コロナウィルスの流行が深刻化していますね・・・

正直ここまで影響が大きくなるとは2月初めの時点で想像が出来ず、少し恐怖すら覚えています。

 

4/5(日)の東京の感染者数も143人と発表され、外出自粛も、ますます強く要請される可能性があります。

感染拡大を防ぐためにも致し方ありませんが、今後あらゆる業界への大きな影響が懸念されます。

無論、ダイビング業界も・・・・lol

こうした事態をダイバー皆で乗り越えられることをしよう!と思い、細谷くん(@gobylover)の呼び掛けをもとに、有志の方々と活動を始めました。

名前は「さきもぐ」です。

 

ここでは「さきもぐ」でどういうことをしようとしているのかの紹介と、ダイビングショップの皆様、ないしダイバーの皆様へのお願いをしようと考えています。

 

さきもぐとは?

せっかくなので、作成したウェブサイトや、こちらで作成した案内資料をもとに、「さきもぐ」の活動について紹介させてください。

端的に言ってしまえば、「さきもぐ」でやろうとしてることは、ざっくり言えばこの通りです。

流行の収束後に使ってもらえる「5,000円分の割引券」を、新型コロナウィルス流行期の”今”に前売りする

です。

 

5,000円分の値引き券は実際に販売する時は4,750円で販売するので、ダイバーにとってもお得なチケットとして設計しています!

コロナウィルスの猛威がどこまで続くかは分からないので多少の変更はあり得ますが、基本は来年3月末まで使えるチケットとして計画中です。

 

現在、この活動にご参加いただけるショップ様・事業者様を募集している段階です。

ご興味ある方いらっしゃいましたら、是非下の登録フォームよりご登録いただけると嬉しいです!

 

さきもぐの流れ

とにかく問題なのは、コロナウィルスによって外出自粛を掛けられている”今”の時期をどう乗り越えるか、です。

東京や大阪などの都市部での感染者数が増えていく中で、緊急事態宣言も待ったなしの状態ですし、ますます人が出ていけない・・・つまり、ダイビングに出かけられない状態が続く危険性が高いです。

現状の感染拡大のリスクや医療リソースの限界を鑑みて、ダイビング活動の当面の自粛要請も、日本高気圧環境・潜水医学会より出されています。

ダイビングショップにとっては、その間の稼ぎ口が減るということでもある・・・・(;´Д`)

 

ので、こんな流れで考えています。

 

前述した通りではありますが、

  • 新型コロナウィルスの流行期:5,000円分の割引チケットを4,750円で”前売り”販売。販売終了後に、該当ショップに支払い
  • 新型コロナウィルス収束後:予約時にチケット使用。値引きでダイビング!

 

という流れです。

 

この形であれば、ひとまず直近の当座をしのぎ、営業再開までつなげる可能性が現状より少しでも高くなる!という寸法です。

割引チケットはこちらのさきもぐサイトを通して購入できるよう、準備を進めている真っ最中です。

※販売可能期間は、今のところ4月中予定です。

 

さきもぐ参加への想い

このさきもぐの活動は、僕を含め7人のメンバーで行っております!

※以下はさきもぐのサイトに掲載されているプロフィールを引用しています

  • 細谷 拓さん
    IT×マーケティング×ダイビングで『ダイビング業界”が”1番に』を目指す。NAUIコースディレクター。合同会社すぐもぐ代表。今回の活動の発起人。

  • 小金沢 昌博さん
    八丈島ダイビングショップ アラベスク代表。株式会社なんのこれしき代表としてダイビングだけに留まらず、離島の活性化に注力している。

  • 関戸 紀倫さん
    自然写真家。水中写真をメインに世界中を撮影し活躍中。写真に留まらず映像作品も多く手がけ、映像クリエーターとしても活躍中。

  • 稲生 薫子さん
    水中レポーター 水中モデル。世界各地で海洋哺乳類やカジキなどとスキンダイビングを行う。社会貢献団体Jアナーズ 海の教育事業委員長。

  • 茂野 優太さん
    水中写真家。「まだ見たことない世界を見てみたい」をモットーにダイビングに関わることは、なんでもこなす。Ocean+αやSPOTなど各種メディアにも寄稿中。

  • 齋藤 涼太さん
    関東最大の学生ダイビングサークル「OceanKIDs」元代表。一度一緒に潜るだけで距離が近づくダイビングの不思議な魅力を世界に伝えるべく活動中。

 

・・・以上の方々、ダイビングの世界ではよく名前の知られた方ばかりで、むしろ何で僕参加できてるんだ?感がスゴイです。細谷くんには「一般ダイバー代表で!」と言ってもらっているのですが、正直それを言うのも憚られるので「素人ダイバー代表」くらいな気持ちで参加させていただいてます。笑

 

細谷くんがこの活動を呼び掛けた時、何より思い浮かんだのがこの気持ちでした。

「『コロナが終わった!ダイビングに行こう!』ってなった時に、ショップがもういなくなってた、というのは寂しいし悲しい」

 

・・・いや何様だよという感じが凄いですが、正直に浮かんだのがこの気持ちでした。

 

今時点でも、家族で週末通ってた近所の居酒屋がお弁当営業のみになってたり、行ってたお店が臨時休業になってたりと、確実にコロナによる影響は出始めてると、周りの動きを見てても感じます。

もちろん感染拡大のための自粛自体は仕方がないし、これがあってもどうにかなる様にうまく経営してる方もいることは重々承知しています。

でも、せっかくこれまでガイドを頑張ってきたショップさんが、このコロナで追い込まれる状況になるんだとしたら、付け焼き刃でも何か助けになることは出来ないか、そう思いました。

 

恐らく僕のように、「直接行ってお金が落とせないなら、何かしらの方法でショップさんにお金を落としたい!」と思ってる方、絶対いらっしゃるはずです。

なら、皆で乗り越えていった方が絶対良い!そう思った次第です。

 

ダイビングショップ、事業者の皆様へのお願い

「さきもぐ」のこうした活動にご共感いただけたら、是非ともご参加いただけると嬉しいです。

ご参加いただく際は、以下の流れになります。

  1. こちらの登録フォームより、ご自身の情報の登録をお願い致します。
  2. 登録確認後、こちらよりメールをご返信します。その際に、以下の写真をご提供ください。
    ・BASEに掲載する写真(3枚)
    ・Thank you Cardに掲載する写真(1枚)

 

※BASE:今回のチケット販売に使用するネットショップサービスです
※Thank you Card:購入いただいたお客様にお礼として、購入したショップ様やメインとなさっている 海に関するお写真に一言添えたオリジナルカードをオンライン上でお送りしたいと 思っています。
写真はご自身で選定していただくか、さきもぐ活動に参加・協力されて いる写真家に一任するか、選択が可能です。

 

「自分は参加する必要ないよ!」という方へ

「自分は参加する必要ないよ!」という方は、是非お知り合いや、同じコミュニティにいるショップの方々にこの活動内容についてご案内いただけますと嬉しいです!

勝手なお願いで恐縮ですが、少しでもたくさんのショップ・事業者の皆様にこの動きについて知ってもらいたいと考えています。

なので、こうした動きを知らなそうな方が周りにいたら、広めてもらえると嬉しいです!

 

ダイバーの皆様・ダイビング関係者の皆様へのお願い

ここからは、ショップ・事業者の方々のみならず、ダイビングに関わるすべての方々へのお願いになります。

身近なショップへのお知らせ

身近だったり仲の良いショップさんで、「この動きに参加して欲しい!」とか、「ここのチケットお得に買いたい!」というショップさんがいらっしゃったら、是非この活動について呼び掛けてあげてください。

困ってる方などがいらしたら、尚更呼び掛けていただけると嬉しいです。

「助けてあげる」くらいの気持ちでなくても、「こんな動きあるらしいよ!参加してみたら?」くらいの気持ちでも良いので、とにかく知ってもらえる、だけでも変わってくるのかな、と考えています。

 

チケット、是非買ってくださいね

チケットの販売開始のタイミングなどは随時お知らせしていきますが、販売が始まったら、是非チケットを買ってください!僕も仕組みを作っておきながら、買う気満々です(笑)

身近なショップさんのチケットを購入されるのももちろんですが、この際興味あるエリア、応援したいエリアなども是非見ていってくださいね。そこで思わぬ発見や出会いがあるかもしれません。

支援の気持ちで使っていただくのはもちろん嬉しいのですが、新たなダイビングの機会に触れる意味合いとしても、使ってもらえると嬉しいです(^^)

 

この活動のこと、広めて欲しいです!!

そして兎にも角にも、こうした活動があることを、是非周りのダイビング関係者にも広めて欲しいです!!

 

今、発起から1週間ほどでこれらの活動を急速に設計してきました。

まだまだ改善すべき事項もあると思いますが、今特に大事だと思っているのは、1人でも多くのダイバー、ダイビング関係者の方々に知っていただくことです。

やるからには少しでも、付け焼き刃と言われても貢献出来ることをしていきたい!でもその前に、この活動のこと自体が知られてないと意味がありません。

 

なので、この記事をチラッと見てしまった皆様、是非周りにも拡散していってください(笑)

勝手なお願いで超恐縮ですが、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

 

まとめ

突然この活動の紹介をされて「はい?」ってなってる方もいらっしゃるかもしれません。笑

お問い合わせ先のメールアドレスはありますので、もし問い合わせたい事項がありましたら、info@sakimogu.comまでご連絡いただければと思います。僕のTwitterにご連絡いただいても大丈夫です!

 

「さきもぐ」の活動は随時ブログやTwitterで更新していこうと思いますので、チェックしていってくださいね。

 

突然の告知で恐縮ですが、皆さんのお力添えが必要になります!

どうぞ、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。