【シャークスクランブル!】千葉県館山市でダイビングしてきました

2月以来のダイビングに行って来ました!!

圧巻のサメの群れに大感動です。

 

今回の予定

  • ダイビング日:2018年4月20日
  • ダイビング本数:2回
  • 気温:22度
  • 水温:16度
  • 透明度:15m
  • レンタル:フルレンタル

写真の通り、からっからの晴れ日!とっても気持ち良かったです。

多少寒くはありましたが、ウェットスーツで全然いけた日でした。

 

千葉県:館山市について

今回の目的地である千葉県館山市というのは、図でいうとこの赤い丸で示した場所。千葉県のほぼ南端に位置する場所にあります。

さらにダイビングした伊戸というポイントは、この出っ張りの真ん中らへんに位置する場所なので、本当に千葉県の端っこまで来たような気分でした。

東京から、電車でおよそ2時間半(高速バスも出てました)かかります。

千葉駅で内房線に乗り換えるのですが、バッチリ終点でしたね。乗り始めてた時は混んでたのに、1時間くらいしたらほぼ誰もいなくなりました。

 

今回お世話になったダイビングショップについて

今回お世話になったのは、BOMMIE(ボミー)さんというお店。(※ホームページはこちら)今回伊戸ダイビングに挑戦するにあたって、Twitter上でもオススメされていたショップです。

海沿いにショップを構えていて、ボートを出す港にもさっと歩いていけるという絶好のロケーションです。

全体的にお店もオープンな造りで、天気が良かったせいか開放感あふれる感じで非常に居心地が良かったです♪

だからなのか、

ここの子じゃない猫が爆睡してました。笑 しかも4匹くらい。笑

ダイビング前の注意事項や器材準備の時も丁寧に説明を受けながら出来たので、ストレスフリーにダイビングを楽しむことが出来ました。

何より、僕が持って来ていた水中カメラ、COOLPIXの水中でのホワイトバランスの設定方法など教えてもらえたのがすごくありがたかったです。

1本目、教えてもらう前には青みがかってた写真が

2本目でこんなにクリアになりましたからね。大感謝です!

 

という訳で、いざ海中

今回は、持っている2つのカメラ、GoProとCOOLPIXを同時持ちするという挑戦をしてみることにしました。写真はCOOLPIX、動画はGoPro、といった具合に。

多少焦ったりもしましたが、今回のダイビングに関してはこの同時持ちは結構正解でした!

コースはざっと、この紙に書かれてる様な感じです。

ボートから降りる形でダイビングを始めるのですが、西ブイから潜って東に進むか、あるいは逆に進むかのどちらかのルートになっています。ちなみにシャークスクランブルが発生しているのは大体東の方。

ここのコースの特徴は、最大深度ではなく、平均深度が20m程度、という点。つまり一部が深いのではなく、ずっと深いコースになるため、全体を通したエアの減りは早めです。実際、潜水時間は30分あるかないかくらいでした。

 

ナワバリの主?二匹のクエ

そんなこんなで、ダイビングスタートです。

まず視界に入ってくるのはデッカいクエ。ゆーらゆらと泳いでました。迫力あります。

コースにはこのデカイクエが2匹生息しています。名前は片方がマリオ、片方がジャイアン。こちらはマリオの方ということです。

こっちがもう片方のジャイアンです。
心なしかこっちの方がデカく見えました。

マリオが西側、ジャイアンが東側にナワバリを張ってます。元々は東側のナワバリはマリオのものだった様なのですが、ナワバリ争いに負けた様で現在はジャイアンに西に追いやられてしまったそうです。

ジャイアンに追いやられるマリオって。。。笑

そんなジャイアンはなかなかサービス精神旺盛です。カメラを向けて目の前を泳いでたら、そのまま停止してくれていました。

映像も撮らせてもらいました。笑
本当にサービス精神旺盛ですね。

 

近付くシャークスクランブル・・・

こちらはナヌカザメというサメ。
じっと海底で静かにしておりました。

こちらは正面からの写真です。可愛らしい。

しばらくシャークスクランブルが発生するところまで向かっていきます。

 

おーーーー。いますね、いますね。
・・・・って、いるってどころじゃないですね。

うっはーーーーーー。とんでもない魚影でございます。

 

スクランブルを作ってる二種類の魚

このとんでもない魚影をつくってる魚たちについての簡単な解説です。

まずこの超たくさんいるサメについて。

こちらはドチザメという種類のサメになります。大きさは1mちょい超えくらい。

数多くいる種類のサメの中でも大人しく、人を襲うことは滅多にないそうです。まぁこの海域だと「エサ早くちょうだいよ」ってせがまれてど突かれることはありそうでしたが笑

てか、近いがな。

そしてもう1種類。サメに紛れてひらひらしてる子たち。

こちらはアカエイというエイの仲間。平べったく典型的なエイの形をしてますね。

こっちの面で見えているのは目になります。口はどこにあるかというと

こちらの面にございますね。終始パクパクしてました。

ちなみにアカエイは尻尾に毒針を持っています(この尻尾の真ん中らへんにある白い針の様なものがそうです)なので取扱いはサメよりもデリケートに扱わないといけなさそう。

基本この海域にいるエイはサメと同様に人間に完璧になついてるので変な危険は無い一方で、むやみに攻撃などしたら痛い目見るのはこちらでしょうね。

にしても君も近い・・・
どうも僕が持ってるGoProをエサと勘違いして食べようとしてくるアカエイが何匹かおりました。困ったものだ。笑

 

ひたすらシャークスクランブルに圧倒されるの巻

そんな魚達が作るスクランブルに潜ってる間、ひたすら圧倒されておりました。

一緒のタイミングで潜ってたドイツから来た女性も上がった後はひたすら「Omg」繰り返していらっしゃいましたね。笑

 

群れを作りに来てる魚達は基本人間には完璧に慣れている様で、こんな感じで多少触っても何も気にする素振りなし。むしろ「早くエサをおくれ」って感じにアタックしてるサメが多数でした。

こんな感じに。完全に潜り込んでるな・・・笑

そうこうしてるうちに増える増える!!!

黄色いカゴに大量のエサが入ってるのが分かってるので、我先にカゴに向かって飛び込んでおります。

スーパーの安売り大会の光景を思い出してしまいました・・・・

そしてたまにちゃっかり映り込んでくるジャイアン。サービス精神というより、撮られたがりな気がして来ました。笑

 

映像で見る!シャークスクランブル

このシャークスクランブルの迫力は、映像で見る方が圧倒的に楽しめると思うので、GoProで撮ってきた映像をバシバシのっけておきたいと思います。

では、一気にどうぞ!!!ちなみに、後半になるほど、数が増えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、どの映像が一番気に入りましたか?

ちなみにちゃっかり、餌付けも体験してみました。

 

バクンといきますね。食べる瞬間はやっぱりサメらしい迫力を感じます。

 

まとめ。とにかく圧倒される時間でした

インストラクターさんが、「最初の1本目は大体みんな圧倒されて撮影にならない」とおっしゃっていたのですが、その意味がよくわかりました。

こんな光景、冷静に受け止められる方がどうかしてますね。笑

とにかく360度そこら中に魚影がいるし、ガンガンぶつかってくるし、こんな魚群をここまで接近して見ることが出来ることそのものに感動してしまいました。

大物が見たくなったら、まずここでしょうねーー。また来ようと思います!

 

おまけ

ダイビングが終わった後のお昼は、BOMMIEさんに隣接してる漁港食堂「だいぼ」で食べれます。海が目の前で見晴らし最高なお店です^^

定食の場合はご飯やお味噌汁、お惣菜取り放題!漁港で取れた新鮮な魚を使ってるのでとっても美味しかったです

猫達は最後までゆったりと過ごしておりました。大きい生き物を散々見た後に君たち見ると、なんか落ち着くなぁぁ。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。