【イサキウォール!】東伊豆の伊東で潜ってきました(2021年3月14日)

こんにちは!ダイバーラウンジです。

 

前々から行ってみたかった、東伊豆の名ポイント、伊東に行ってきました!

男4人旅でございました。

 

ビックリするほどの数がいるイサキの群れに遭遇し、可愛らしいハナダイに癒され、そして僕は初のマイフル器材のダイビングを果たし、終わった後はイルカに癒され・・・そんな盛り沢山な日々を過ごしました(^^)

イケメンにも囲まれたしね!!!

今回の予定

 ダイビング日  2021年3月14日
 ダイビング本数  2回
 気温  18度
 透明度  8〜10m
 レンタル  なし
 空気タンク  スチール 10L
 ウェイト  9kg

 

ポイント、その他情報

【1本目】

 ポイント名  白根南
 エントリー時間  9:26
 エキジット時間  10:07
 最大水深  34.3m
 平均水深  16.5m
 水温  15.9度

【2本目】

 ポイント名  白根南
 エントリー時間  11:51
 エキジット時間  12:29
 最大水深  28.1m
 平均水深  16.1m
 水温  16.0度

 

伊東について

静岡県、東伊豆に位置する伊東

場所的に言えば熱海から少し行った場所にあります。

 

東京駅からのアクセス

今回お世話になったショップさんの場合、直接車で行かない限りは宇佐美駅が送迎の集合場所になっていました。

東京駅から宇佐美駅までのアクセスはこんな感じ。

東京駅→(新幹線 約55分)→熱海駅→(JR伊東線 約20分)→宇佐美駅

(乗車時間:合計1時間15分 乗車賃:4,070円)

東京から熱海は新幹線だけでなく、JR東海道線で行くことも出来ます。

その場合は乗車賃が半額程度になりますが、乗車時間は1時間ほど長くなります。

 

伊東でのダイビング

伊東で潜る際は、この伊東漁港から船をスタートし、少し行ったところにある無人島、手石島の周辺がボートポイントになります。

 

伊東のポイント集

伊東のポイント集。引用元はこちら

今回はこの図の⑥にあたる白根の南側、白根南が主なダイビングポイントでした。

 

白根の全地形

白根の全地形と生き物の図

伊東ダイビングサービスさんの言葉を借りると、伊東のダイビングポイントは「荒々しい岩肌と底から立ち上がる切り立った尾根」という様合を見せる地形。そこにガッツリと潮流が入ってくることで、色〜〜んな魚が群れをなしてやってくる場所です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Seiichiro Sano(@seiichiro_sano)がシェアした投稿

加えてカラフルなソフトコーラルがびっしり生い茂っており、伊豆の中でも特に多種類のハナダイが舞っており、

人気のピカチュウことウデフリツノザヤウミウシなどのウミウシをはじめ、マクロもたっぷり楽しめる場所でもあります!

伊東の海でじゅらさん風

今回お世話になったショップ

1本目の休憩中の図。右から2番目がDive Family Yellowの川坂秀和さん

今回はDive Family Yellowにお世話になりました!

これは個人的な感覚なのですが、伊東でのダイビング、というと伊東ダイビングサービスと同じくらいよく名前の聞くショップさんです。

最近Clubhouseを通しても川坂さんとはやり取りをする機会が何度かあったので、こうしてお会いできたのは非常に光栄でございました。

 

今回の参加者

さりげなく宣伝が入ってる集合写真

 男4人旅!

Twitterでやり取りしてるうちに、ノリでこのメンツでの集会となりました!

 

皆さん若々しくノリも良く、「平成ダイバーズの集まりですね!」なんて言って盛り上がってました。残念ながら僕だけ昭和生まれですが笑

若くてイケメンとか、前途洋洋ですか。裏山。

 

イサキウォール!圧倒的な”魚の壁”

さてさて向かっていきます。

この日は前日が大雨だったこともあり、透明度で言うと残念ながらちょっと低い方、8〜10mくらいという感じでした。

とは言え視界自体は良好で、カラフルなソフトコーラルもちゃんと見えていました♪

 

前述の通り、伊東のダイビングポイントは特殊な形の地形に潮流ががっつり流れ込んでいます。

 

この動画だとちょっと伝わりにくいかもしれないですが、激流ではないもののそれなりに強めの海流が入っていて、ちょっと頑張って漕がないといけないエリアがいくつかあるな、という印象を抱きました。

ポイント情報にも書きましたが最大水深30m超え、平均水深15m超えと、深めのポイントでもあるため、デコにも定期的に気を付けながら水深コントロールをする必要があります。

ダイバーの後ろ姿

後ろから盗撮

さてさて白根をあっちこっち動き回ってたら、目の前にドンと壁がやってきました。

 

・・・・・何匹いるのこれ。

とんでもない規模の魚群です。これ、動画の終盤の方で結構ぐるぐるカメラ回してますが、魚群の向こうに見えてる影っぽいのも全部魚ですからね。終わりが見えないイサキの群れ群れ!

 

後で聞いたところ、これは1,000匹規模ということでした。1,000匹規模って多分初めて見たかもしれない。

イサキウォールって言われる由縁がよく分かりました。これは確かに凄いわ。透明度高い時に来たらもっと圧倒的な光景なんだろうな・・・

 

ところが、透明度が低い時は低いなりの演出がありまして・・・

何か….来る…..?

 

魚・・・・?イサキ・・・・?

え・・・・多っ!!!!

 

みたいな。

素晴らしい自然の演出でございます。笑

 

ちなみに飛び込んで巻かれたくて仕方ないのですが、イサキって逃げるとどんどん深い所に行ってしまうという傾向があるそうです。なので調子に乗ってるといつの間にか水深が下がってしまってデコ必至という。ほどほどにしておく必要があります。笑

魚群

イサキのみならず、色んな魚群に出会いました♪

 

華やか、ハナダイ

前述した通り、伊東のダイビングポイントのあちこちに、カラフルなハナダイが生息しています!

 

この動画にちらほらとハナダイの姿が映っていますが、根を回る中で、ところどころでオレンジが目印のハナダイの姿を確認することができます。

ただ・・・・・・

今回に関しては写真撮影は全体的に結構失敗してしまい、ハナダイの美しさを表現しきれず・・・・・orz

しまいには全然違う子がカメラに興味持って近づいてきた挙句、この子にピント合っちゃうし。笑

 

悔しいので同じ時に撮影されたたけちゃんの写真を持ってきます(勝手w)

美しい!

ソフトコーラルと相まって非常に綺麗な色合いになっていますね♪

 

ひたすら楽しむ伊東の海

イサキウォールに圧倒され、ハナダイのカラフルさに和む伊東の海ですが、勿論これだけじゃない、伊東の海の色んな面を、一緒に行った方々と楽しんできました!

魚群の写真

群れを撮ろうとしてますが、さりげなくウツボの胴体映ってますね

クダゴンベ

クダゴンベのコンビ

ヒラメ

ソフトコーラルの間で休んでるヒラメ

安全停止中です

うわ〜〜、この1枚、だいぶ残念感ありますね。スキル不足・・・笑

こちらは一瞬で飛ぶように泳いでったヒラメトリオを撮ろうとした写真です。

 

茂野さんの動画にもっとしっかりした映像が残っています。

これ求愛中だったのか!

一緒に動いてるというより追っかけっこをしてたんですね。

ところで、さっきのイサキウォールの映像は僕もたけちゃんもtocoさんも同時に撮影してたんですが、なぜかtocoさんは途中から僕らを撮ってるんですよね。

愛ですね。

 

イルカスペースで和む

今回初めて来た伊東ですが、こんなスペースがあることを初めて知りました。

いけすですね。

 

ん?

 

イルカ

こんにちは

あら、イルカちゃん。

そうなんです。ここではイケスの中でイルカと一緒に泳いだり潜ったり戯れたりすることのできるエリアがあるんです。

眺めてるとひょこひょこ顔を出しててすごい可愛かったです。

さようなら

 

今回我々はもちろん伊東の海で潜ること自体が目的だったためイルカは眺めてるだけだったのですが、潜り終わった後にこの風景を眺めてるのはめちゃくちゃ良い癒しでした。

てな訳で、ダイビング後にイルカをボーーっと眺めながら他愛もない話をダベってる男達の様子をお楽しみください。笑

 

まとめ!

イサキウォールにハナダイ、他にも色んな顔を見せる伊東の海を、最高の人達と楽しむことが出来ました!!

ただ自分のカメラのスキルのせいで納得いく写真として残せてるわけではなかったので、今度は透明度の高いタイミングで再チャレンジしたいですね!

 

そしてこの人達とまた潜りに行きたい!!

第2弾やろうぜって話も出てたので、絶対実現させます(^皿^)

 

てな訳で、伊東ダイビングログでした♪

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。