海中に郵便ポスト?伊豆海洋公園、通称IOPに潜ってきました(2020年7月25日)

こんにちは!ダイバーラウンジです。

 

今回は初めて東伊豆の伊豆海洋公園、通称IOPに潜ってきました!

国内で初めてダイビングセンターが設立された、西伊豆の大瀬崎と並ぶダイバーのメッカであり、

海中に現役の郵便ポストがあることでも有名なダイビングポイントです。

 

ようやっとIOP未経験を卒業できた、そんなダイビングログになります!

 

今回の予定

 ダイビング日  2020年7月25日
 ダイビング本数  3回
 気温  28度
 透明度  10m
 レンタル  ウェットスーツ(5mm)、重器材(BC、レギュレーター)
 空気タンク  スチール 10L
 ウェイト  3kg

 

ポイント、その他ログ情報

【1本目】

 ポイント名  一の根
 エントリー時間  10:39
 エキジット時間  11:11
 最大水深  22.7m
 平均水深   11.5m
 水温  18.2度

 

【2本目】

 ポイント名  砂地(ポスト)
 エントリー時間  13:28
 エキジット時間  14:10
 最大水深  24.3m
 平均水深   11.4m
 水温  17.5度

 

【3本目】

 ポイント名  二の根
 エントリー時間  15:35
 エキジット時間  16:19
 最大水深  31.5m
 平均水深   12.7m
 水温  18.7度

 

1時間ごとに大粒の雨が降って止んで・・・という天気で、海の状態も不安定な感じでしたが、僕らの時は幸い、深い場所ほど透明度が抜けて見える感じになっていました!

 

伊豆海洋公園(IOP)について

前述した通り、大瀬崎に並ぶダイビングのメッカと称される伊豆海洋公園(IOP)。

静岡県伊東市、東伊豆のダイビングエリアの1つになります。

 

東京からのアクセス

伊豆海洋公園ですが、最寄りは伊豆急行線の城ヶ崎海岸駅

城ヶ崎海岸駅。ちょっとブレた

 

東京からそこまで行くアクセス自体はそれほど難しくはなくて

東京駅→(JR 約100分)→熱海駅→(伊豆急線 約50分)→城ヶ崎海岸駅

※乗車時間:合計約2時間30分 乗車賃:2,897円

という感じ。東京から熱海は新幹線のアクセスでもOKで、その場合乗車時間は半分くらいになります。運賃上がるけど。

 

城ヶ崎海岸駅からは徒歩17分、バスを使うと10分くらいで到着しますし、ショップさんに送迎してもらうことも頼めば可能です(僕らは今回そうしました)。

 

伊豆海洋公園(IOP)でのダイビング

1964年に魚類研究家である益田一さんによって、国内初のダイビングセンターとして設立された伊豆海洋公園(IOP)。

知名度バツグンのダイビングエリアです。

 

たくさんのダイバーを受け入れられるよう、広い規模での設備が充実してるのも特徴的です。

 

休憩エリア。ピークの時は争奪戦やばそう

器材の洗い場とシャワー

人が入ってて撮り損ないましたが、施設にはシャワーはもちろん、ジャグジー付きの温水槽も用意されていました。この日水も冷たかったしありがたかった・・・

 

ダイビングの合間のお昼ご飯を頼むところもあります。

さながら海の家風!

 

海系ラーメンと牛丼のセットにしました。美味かった!

 

外れの方には海水を利用した巨大なプールも存在。講習を行うときによく利用されるそうです。

ダイビングの合間にプカプカしてました(^^)

 

ここがエントリーポイント。

奥に見えるロープのところを辿りながら海に入ってくのがIOPでのエントリー方法です。つまりビーチエントリーですね。

エリア自体はめっちゃ広いので、数十人の人が器材をセッティングしながら自分の順番を待つことができます。

 

お世話になったショップ

SOLさんのサイトより抜粋

 

今回は、ダイビングショップSOLさんにお世話になりました。

一緒に行った友人がライセンス講習からお世話になっているようで、今回それにあやかった形になります。

 

写真はSOLさんのショップハウスなのですが、宿泊施設付きです。

居心地の良い木造のショップハウスでした(^^)

 

今回の参加者

そのショップハウスでパシャリ

前回の葉山以来のおっさん3人組でのダイビングになります!

【GoPro進水式♪】葉山でダイビングしてきました(2020年2月29日)

2020年3月4日

 

めーめーさん(@irome_Diving)とふかっちさん(@lonelydiving)との3人で行ってきました〜。

 

現役の郵便ポスト!

さて、そんな伊豆海洋公園ですが、海中にはとても有名なものがあります。それが、

こちら。郵便ポストです。

なんと現役で、使えます。期間限定でこの時期に設置されております。

 

何でそんな取りに行くのも不便そうなところに・・?って思いますよね。僕も思いました。一種のイベントだと考えるのが無難なのかな笑

地味にまぁまぁ深いところに設置されています。

 

当日僕は投函しなかったのですが、ちょうど一緒に潜っていた姉妹ダイバーさん達が投函をしていたので、その様子を動画で撮影しておりました。

 

 

こんな感じで防水のハガキを投函すると、実際に担当のダイバーが取りに来て郵送してくれる、という流れです。

「海中からこんにちは」感があって良いですよね(^^)

 

ちなみにもう少し浅いところにもポストが存在しています。ちょっと古ぼけてるな。

 

IOPの生き物達

あまり綺麗に撮れてはないのですが、伊豆海洋公園で出会った生き物達も紹介していきますね(^^)

美白〜なハナタツ

後ろ姿になってしまいましたが、普通のハナタツとまた違う美白感がくっきりしてて良いですね!

 

 

途中で出会ったコブダイ

全然人を怖がんない・・・目の前をウヨウヨしてくれたので撮りがいがありました。

 

 

謎に馴れ馴れしいイシダイちゃん。ここら辺の人気者なんだそうです。

 

ライトでかなり照らしてるので分かりにくいかもしれませんが、アオリイカの卵です!産卵シーズンみたいですね。

 

 

カスザメサカタザメ?どっちか分からないのですが、こうしたサメが砂地のいろんなとこに潜んでました。

で、この子はなぜかこれだけ近付いても逃げないため、舐め回すように撮ってしまいました。笑

 

 

さらにちょっと泳いでる様子を追いかけて撮ってみた図。ごめんね。

 

真ん中の方にいる黄色い子見えますか?黄色いオオモンカエルアンコウです。GoProで撮れるくらいサイズ大きめな子でした。

 

 

二の根の深い方。キンギョハナダイサクラダイが群れをなしてました!

 

それ以外にも写真には納めきれなかったものの、イサキやメジナの群れ、イガグリウミウシやギンポ、生しらすの群れといった生き物も見ることができました♪

 

ちょっとダイバーとしてのステータスが上がった気がした

一緒に潜った人達で記念撮影!

 

「ダイバーたるもの、IOPを一度は経験しとくべき」ってどことなく聞いたことが何回かあるのですが、

今回無事にIOPを経験し、「ダイバーたるもの」になった感がして、

なんか勝手ながらダイバーとしてのステータスが上がったような気分でした♪笑

 

今回はそこまで透明度が高い状態ではなかったようなので、またリベンジもしたいですね。

そんなこんななIOPダイビングログでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。