【お金の話】ダイビングでこのくらいかかりました(国内遠征編)

ダイビングとは、切っても切り離せない、お金の話。

スポーツシューズとウェアさえあれば出来るランニングとかと比べたら、やはりそれなりにかかってきます。

とは言え、「ダイビングってお金かかりそうだよね」っていう概念が行き過ぎて、「だってウン十万くらいかかるでしょ?」ってなってる方もいる気がしています(実際ちょいちょい言われるので)。

そこで、自分が体験したもので、何にどのくらい掛かったのか、というのを載せて行きたいと思います。

まずは、沖縄など、国内だけど遠く海のきれいーーーな場所に遠征してダイビングをしたらどのくらいかかるんだろう・・?という所からスタートです。

 

費用の内訳

国内遠征の場合ですが、かかる費用の内訳としては主にこんなところになるかと思っています。

 

航空券代


当然遠征なので、交通費がかかってきますね。
沖縄に行くとなると基本的に飛行機での移動になると思うので、航空券代がガツっと入ってきます。

 

宿泊代


2,3日以上の旅程となると、泊まる場所がまた必要になってきますね。

現地の友達の家とかに泊まる場合は別ですが、基本的に宿泊代がかかってきます。

基本的には安めの場所でコストを押さえるという感じでしょうか。そういえばダイビング遠征でAirbnbとか使ったことないのですが、ダイバー向けに貸し出してる人とかいたりするんですかね・・・?

 

ダイビング代


これはダイビングをする上で必須の費用です。言うまでもないかもですが・・・

※ダイビングに掛かる費用に関してはここにもまとめています。読んでみて下さい。

 

器材レンタル代


器材を持っていかない場合はレンタルする必要があるので、そのコストも含めます。

※器材レンタル掛かる費用に関してもここにもまとめています。読んでみて下さい。

 

その他


遠征の費用で大きいウェイトを占めるのは前述の項目の通りなのですが、他にも食費やらお土産代やら、ちょっと持って行った方がいいお金もいくつかあります(飲み会代とかも笑)。現地で自分で移動する場合はレンタカー代なども必要になってきますよね。

 

以上が、国内遠征時の大体の費用の内訳です(海外遠征時も似たようなものかもしれませんが)。他にもマイ器材を持ってる人はその発送代などがかかってくる可能性ありですが、それは一旦置いておきます(自分がやっていないため笑)

以下、自分の経験のうち、2つのケースで実際にかかった金額などを載せていこうと思います。あくまでその時その時の予約のやり方の取り方やお世話になったショップさんを元にかかってきた金額なので、参考までに見てもらえたらと思います。

 

粟国島遠征の場合


※記事はこちら↓
粟国島でダイビング① 〜粟国島の海はこんなとこ〜
粟国島でダイビング② 〜激流の中、魚と戯れる〜
粟国島でダイビング③ 〜ギンガメアジの魚群とご対面〜

ギンガメアジの群れで有名な粟国島。

2泊3日、ダイビング本数8回のダイビング遠征です。

 

費用総額

総額で言えば、116,908円でした。
なかなかな数字ですが、8回潜ったことを考えたら安く済んだ方だと思ってます。

概要

予約などなど

この旅の航空券の予約やダイビングの予約、宿の予約は全部一緒に行った方にお任せしてしまっておりました。。申し訳なさすぎる。。

 

移動

粟国島ダイビングの記事にも書いたのですが、粟国島へは東京 ⇒ 那覇を飛行機、那覇から粟国島までフェリーに乗って向かう形式をとりました。

その際の費用が

  • 東京→那覇(飛行機):往復で40,908円
  • 那覇→粟国島(フェリー):往復で7,000円

なので、総額47,908円になります。

 

宿泊


この時は写真のような安い民宿に泊まりました。5畳ほどの畳部屋に2人で寝っ転がり。合宿みたいでしたね笑

1泊2食(朝食、夕食付き)で5,000円というお値段。なので、2泊で10,000円というお値段でした。

※粟国島のこうした宿泊施設を探したい場合は、このサイトが良さそうです。

 

ダイビング

この時お世話になったショップさんは比較的安めの値段で設定していました。
2ボートダイブで12,000円。8回潜ったのでそのまま48,000円という金額になりました。

 

器材レンタル

フルレンタルで1日3,000円というこちらも安価な設定。

2日借りていたので、合計6,000円かかりました。

 

まとめ:費用の内訳

以上を踏まえて、こんな風になりました。

  • 航空券&フェリー代:47,098円
  • 宿泊代:10,000円
  • ダイビング代:48,000円
  • 器材レンタル代:6,000円
  • その他:5,000円
  • 総額:116,908円

宮古島遠征の場合


※記事はこちら↓
宮古島でダイビング①〜中の島ホール、中の島チャネル〜
宮古島でダイビング② 〜アントニオ・ガウディ、サンゴホール、魔王の宮殿〜

迫力大の地形が点在する宮古島。
こちらは2泊3日、ダイビング本数5回の場合です。

費用総額

総額で言えば、89,800円でした。

概要

この時は1人旅だったので、自分で諸々準備をしていきました。

予約はこうして取りました

予約に際し、知り合いのダイバーの方に勧められた「J-DIVE」という名前の予約サイトを使用していました。
https://www.jdive.jp

東京や大阪・名古屋出発で沖縄のダイビングをやりたい場合のあらゆる安めのツアーをこちらで探すことができます。

飛行機や宿もセットで抑えることが出来るし、特に「アイランド・エキスパート」という沖縄のそれぞれの離島にショップを構える系列ががっつり組んでいることも特徴です。

当初は宿やら飛行機やらも含め全部自分で連絡して予約しようとしていたのですが、ちょうど台風とぶつかってしまいその予約が全キャンセルになってしまったので、改めてこのサイトを通して予約した形です。

 

航空券・宿泊・ダイビング全部コミコミ

上述のサイトで予約をしたので、払った金額は航空券・宿泊・ダイビング全部コミコミの69,800円でした。わかりやすくて便利。

もっとも、今回の場合宿にご飯が付いてないのと、追加ダイビングやレンタルなどがあったので他でもちょいちょいとお金がかかっています。

 

追加ダイビング & レンタル

サイトで予約した当初は全部4回ダイビングのセットになっていたのですが、そこにプラス1回ダイビングを追加したため、その分プラス6,000円。

加えて器材レンタルも別途かかり、1日フルレンタルで6,000円、2日合計12,000円、でした。

 

まとめ:費用の内訳

以上をまとめるとこんな感じになります。

  • 航空券代+宿泊代+ダイビング代:69,800円
  • 追加ダイビング代:6,000円
  • 器材レンタル代:12,000円
  • その他:12,000円
  • 総額:89,800円

かかるお金のイメージはつきましたか?

以上、2ケースをご紹介しました。
かかる金額のイメージはつきましたか?

もちろんこれはほんの一例で、航空券や宿の取り方、選ぶショップによって金額はいくらでも変わってくると思います。1つの例として、参照してもらえるとありがたいです。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。