今までダイビングしてきた沖縄のポイント【随時更新】

日本では、国内色んなところでダイビングが出来ます。

とはいえ、日本でダイビングとなると、真っ先に思い浮かぶのは「沖縄!!!!!」ですよね。

僕も何度も訪れていますが、青く美しく豊かな海に、大小色も含め様々な生き物に、本当に飽きることない体験で病みつきになってしまいます。

この記事では、今まで僕が行ってきた沖縄のポイントをまとめていこうと思います。ちなみに、これからも沖縄にはバンバン潜りに行くつもりなので、新しい場所に行ったら随時更新していこうと思ってます。

沖縄:本島と離島

沖縄・・・と聞くと、まず思い浮かぶのは綺麗な海と、本島の地図上の形じゃないでしょうか?

実際ですが、沖縄には多くの数の島で構成されています。県のホームページによれば、島は大小合わせて160、そのうち人が暮らしているのが47、残りの113は無人島になっています。

沖縄では、人が暮らしている47の島のうち、1つの本島、その本島と橋でつながっている9つの島、それ以外の37の島を離島と呼んでいます。有名な石垣島とか、久米島とか、竹富島とかの島々は、みんな「離島」に分類されるものになります。

ではでは、本島から順番に、今まで潜ってきたポイントを紹介していきたいと思います!前に書いたそれぞれのポイントの記事のリンクも貼ってますので、気になったら見てみてください。

 

沖縄本島:糸満

沖縄本島最南端のポイント。
マクロにズーム、地形ダイビングも楽しめる糸満のポイントです!

【寒い沖縄は初めて】沖縄最南端のダイビングスポットで潜ってきました

2018年10月22日

潜ったポイント名

  • 喜屋武岬
  • トコマサリ礁

写真・動画集

この海底神殿感のある地形ポイントは最大の魅力の1つです。太陽が差し込めばより美しい体験になりそうですね・・・

この2枚は特にお気に入りの地形写真です^^

こちらは洞窟内ところどころに出逢えた、リュウキュウハタンポの群れです。泳いでる間キラキラっとヒレが銀色に光ってました。

クマノミ住宅街。可愛い^^

こちらはノコギリダイの群れです。

 

お世話になったショップさん

リヴァイアサン

一言コメント

前述した通り、マクロもズームも、地形ダイビングも楽しめるポイントでした^^

ところどころに特徴的な魚群もいれば、宮殿のような作りをした地形が本当に印象的です。あとクマノミの住宅街みたいなエリアはこの時初めて見たのですが、本当に可愛かったです★

 

慶良間諸島:座間味島

ケラマブルーと名高い慶良間諸島のポイントです!

【ケラマブルー】座間味島でダイビングしてきました【ウミガメだらけ】

2019年2月28日

潜ったポイント名

  • 阿真ビーチ
  • 儀名
  • アダン前
  • 新田洞窟
  • ウルノサチ西
  • ブツブツサンゴ

こうして観ると、1本1本色んなポイントに連れてってもらってますね〜。

写真・動画集

ケラマブルーと言われるだけあって、ブッルーーーーーーな海でした。白い砂とのコントラストがとても綺麗です。

豊かなサンゴがあるため、そこら中に魚が群れをなしていました。この景色も見事なものです。

そんでもってこちらにも地形を楽しむポイントがあります。壮大!

そして何より、この座間味島はウミガメ天国です。

ウミガメ〜

ウミガメウミガメ〜

ウミガメ!!

 

お世話になったショップさん

シーステップダイバーズ

一言コメント

ケラマブルーと名高いだけあって、海の美しさはダントツです。水深は15〜20mとそこまでディープでもなく、複雑な岩場も少なく砂地が多いので初心者でも比較的簡単に潜ることが出来るポイントだと思ってます。ウミガメも会えるかどうかわからないって言われてたのに、これだけウミガメウミガメしてましたしね>w<

 

久米島

マンタポイントが最近開発された久米島です!

【マンタを探して】久米島でダイビングしてきました【綺麗な海でした】

2019年1月16日

潜ったポイント名

  • トリノクチ
  • トンバラ
  • マンタステーション

6本中4本はマンタステーション。ひたすらマンタを狙う旅でした。

写真・動画集

海がものっすごい綺麗です^^

あまり上手くは撮れなかったのですが、マンタ集です。

離れてくー!

雄大ーーー!

 

お世話になったショップさん

イーフスポーツクラブ

一言コメント

久米島には通常のマンタはもちろん、ブラックマンタも現れるようになったと聞いてます。僕が潜りに行った時はマンタ探しがメインでしたが、久米島は実際には生き物天国な場所です。カラフルな魚達をたくさん観ることができます。生き物観察で楽しみたいのであれば、まず間違いなく久米島はチョイスすべきです!!

 

粟国島

激流と、ギンガメボールで有名な粟国島です!

粟国島でダイビング③ 〜ギンガメアジの魚群とご対面〜

2017年10月9日

粟国島でダイビング② 〜激流の中、魚と戯れる〜

2017年10月6日

粟国島でダイビング① 〜粟国島の海はこんなとこ〜

2017年10月3日

潜ったポイント名

  • 筆ん崎

1ポイントのみですが、合計7本潜ってきました。

写真・動画集

綺麗な海にカラフルな魚が楽しませてくれる場所です!ただ、基本的に流れが激しく、道中は岩場を手で掴みながら、這って進んでいくよう形になっていました。

カマスの群れです。至るところにおりました。

おっさん・・・もといナポレオンです。ぬもーーんとした表情が特徴的です。

そしてギンガメアジの群れです!

こちらがベストショットになりますね。

 

お世話になったショップさん

SEA BASE

一言コメント

潮の流れが強いこともあって、大型の魚の群れがたくさん楽しめる場所です!物凄いアドベンチャー感と迫力を兼ね備えてる場所になります。この写真に写るギンガメアジの魚群、実際はこんなものじゃないそうで・・・・もう一度チャレンジしたいなぁ。

 

宮古島

地形の大国、宮古島でございます。

宮古島でダイビング② 〜アントニオ・ガウディ、サンゴホール、魔王の宮殿〜

2017年11月20日

宮古島でダイビング① 〜中の島ホール、中の島チャネル〜

2017年11月17日

潜ったポイント名

  • 中ノ島ホール
  • 中ノ島チャネル
  • アントニオ・ガウディ
  • サンゴホール
  • 魔王の宮殿

三大名所のうち2つ、またとてもインパクトのある地形ポイントを回ることができました!

写真・動画集

基本深度が深いポイントが多い宮古島。下がめちゃくちゃ深く、かつ透明度もバツグンなので、空飛んでるような気分になります。

中ノ島ホールに入った後の光景。奥深い感じですね〜

ここがそのホールの出口、を背にした写真です。気に入ってしまい、Twitterのプロフィール写真にしております。

ここは中ノ島チャネルでの一枚。深度は浅めですが迫力あるポイントです。

アントニオ・ガウディ!自然が創り上げた造形物にひたすら感動です。光のコントラスト含めスゴイ。

サンゴホールに向かって潜降の様子。ビルを一斉に降りていく様な感じでございます。

魔王の宮殿ポイント。次は天気が良い日に行きたいなぁぁぁぁ

 

お世話になったショップさん

アイランドエキスパート 宮古島

一言コメント

地形を楽しみたいのであれば、まず間違いなく、宮古島ですね。超〜〜〜〜壮大な地形がそこかしこのポイントで待ち構えています。深度の深さ、透明度の良さもあって、素晴らしい光景を楽しむことができます!

 

石垣島

カラフルな魚に、マンタにほぼ確実に遭遇するポイントがあるのが、石垣島になります!

石垣島でダイビング② 〜マンタがやってきた!〜

2017年10月30日

石垣島でダイビング① 〜ニモ君、ウツボ君、カラフルな世界〜

2017年10月28日

潜ったポイント名

  • 米原沖ダブルリーフ南・東
  • ハオコゼ根
  • ナカモト団地
  • マンタスクランブル

写真・動画集

カラフルなサンゴに、カラフルな魚がたくさんいる海になります^^

同じ度合いでカラフルなウミウシもたくさんいます。

可愛いニモ君もそこかしこでウロウロ。

こちらは深度35m付近という深ーいポイントにいる、ナカモトイロワケハゼという魚です。黄色くちっこい魚です。可愛らしいなぁ。

そしてこちらが、マンタ!

久米島の時よりも運よく近くでシャッターチャンスを確保できました^^超感動!

 

お世話になったショップさん

ネイチャー石垣島ダイビングサービス

一言コメント

とにかくカラフルで楽しかった!この時会ったマンタが僕的には初マンタだったのですが、あまり怖がらずにフワフワ泳いでくれてたおかげで、雄大なマンタの泳ぎ姿を楽しむことが出来ました。十中八九会えるポイントのようなので、マンタに絶対会いたい!!!!という方はオススメです!!

 

まとめ。沖縄楽しい!!!

一口に沖縄と言っても、実に様々な楽しみ方があること、伝わりましたでしょうか?

小さい生き物を楽しみたい、大きい生き物を楽しみたい、地形が見たい、などなど・・・・ありとあらゆる要望が、ここ沖縄では叶えられると思います。

とは言え、ここで紹介してる沖縄のポイントですら、ほんの一部!まだまだたくさんの本島や離島のポイントがあります。随時更新していくので、楽しんでいただけたらと思います!!

※本島から船で行ける離島のアクセスについてまとめてる記事もあるので、是非ご参考ください。

【久米島・慶良間諸島・粟国島】フェリーのターミナル:とまりんの使い方

2018年12月19日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。